2018年12月9日日曜日

携帯電話iPhoneの悲劇


昨日、気が付くと私のiPhoneがうんともすんとも立ち上がらないのだ。眠ったままだ。そこで購入したAUショップに電話入れて「昨年8月にそちらで買ったiPhoneだが、全く立ち上がらない。」と問い合わせしたところ、「強制立ち上げをトライしましょう」と言ってiPhoneの電源SWと前面にある丸いホームボタンを同時に10秒ほど押して下さい」と言われて試してみたが、全くうんともすんとも言わず、画面は真っ黒のまま。そして改めてAUショップに電話を入れると、「こちらショップでは修理は受けていないので、池袋のビックカメラにあるApple修理窓口に相談してみてください」との返事。早速電話入れると、「こちらでの相談受付はこの先10日間満杯です。年末になってお客さまが集中しています。もし一日でも早くご希望なら一度Appleサービスセンターに電話してみて下さい」という。年末になると、Apple携帯電話が軒並み故障すると言うことなのだろうか。
<なんという無駄だろうか>

実は昨年8月にDocomoからAUに切り替えた理由が、Docomoショップに行くと1~2時間は待たされるのが当たり前という”最悪なサービス”から抜け出たい為であったのだが。
さて、次にAppleサービスセンターに電話すると、誰でもが体験するあの返答、「只今、電話が大変に混んでいますので暫くお待ち下さい。その間お好きな音楽をお選び下さい。」何んて言うテープが流れて5分ほど待たされたが、ついに沸を切らして諦めて電話を切る。
これだけの時間を掛けても、全くどうしたら良いのかの方向性が見えて来ない。あたかも救急患者が受け入れる病院が見つからずに待たされて居る状態に似ている。そして自動車修理の場合にはその修理期間中は代車使用というサービスもあるが、AU携帯電話の場合は代用機提供のサービスは無いらしい。これまでの各窓口の対応から判断すると、どうやら修理に出したとしても1ヶ月以上は携帯電話ナシの状態が続いてしまう事が予想される。
この緊急事態を最も早く回避する方法は、新品を改めて買うことしか無いようだ。つまり自腹を切って「お金」で解決するのが一番早く携帯電話を手に出来る方法なのである。結局は2時間もの長い時間をAUショップで購入手続きに時間を取られたが、何とか夕方にはiPhoneを持って帰宅出来た。何とも不快な一日になってしまいました。

2018年11月23日金曜日

2018『いきいきシニアの集い』油絵出展


11月23~24日文京区シビックセンターで開催されている『いきいきシニアの集い』に油絵を出展しました。今回は2002年、今から16年も前に描いた油絵なのですが、写真でご覧の様に大変に不安定な格好をしており、また周りの茶色い部分は粘土の上に着色しており、手で触れると色が手に付いてしまうので展示するには不向きでした。
従ってこの絵は過去16年間他人の目には触れずじまいでしたが、今回は思い切って出展してみました。格好が、格好だけに皆さんの注目を浴びたようです。作品の題名は『考古楽(アンバランスとバランス)』です。
さてこの絵は、古代に栄えたキプロス島の港コウリオンで発掘された一組の男女と子供の遺骨で3人は抱き合っていました。紀元365年にこの集落を襲った地震で一瞬にして地中に葬られ、発見される日を待っていました。母は子供を胸に抱きしめ、それを夫が守るように覆い被さっています。これが人間の本能と信じます。夫の骨盤は崩れていますが、母の骨盤は長い年月を経てもしっかりと形を残していました。やはり母は偉大です。
この絵に動きを与えようと、私は子供の部分だけを生まれだての赤子に表現し、更に足元に絡みつく蛇を、そして左上に土に隠れた「デビル(悪魔)」を描き加えています。
この絵が完成して額を探したのですが、四角のどんな額に入れても絵が引き立たないのです。そこで、「なんで額は四角でなければならないのか?」と考え始め、角材とベニア板を買ってきて”アンバランス”な額を作り、それにこの絵を入れますと、何となんと期待していたイメージが出て来たではありませんか。つまり骸骨の絵がアンバランスな額とバランスを取ったのです。

2018年11月6日火曜日

秋の宮島の潮汐


<午後2時頃の干潮時の大鳥居>

11月3~4日の連休、地元町会の皆さんと「秋の宮島&広島・原爆記念館の旅」の機会を得ました。宮島では海に浮かぶ「大鳥居」の昼、夜、朝の姿が潮汐によって変わる姿をエンジョイしました。干潮時と満潮時での海水の水位差が1.5m程もあるそうですが、地球の引力がそうさせていると考えると、自然の力に感動します。
<午後9時頃の大鳥居>
そして平清盛が造ったと言われる「海上神殿」もその複雑な設計構造から人間の知恵と力に驚かされました。
それにしても小生は「広島カープ」ファンだけに、3日夜のソフトバンクとの敗戦でまたまた日本一になれなかったのには、何故にそんな時に私が広島に居るのかと、厳島神社の神様を恨みました。しかし翌日 快晴の元で広島の原爆記念公園そして縮景園を巡り、昼食はお好み焼「みっちゃん総本店」にて分厚いお好み焼きにかぶりつき、秋の広島を十分に満喫出来ました。
<朝7時頃の満潮時の神殿>

2018年10月30日火曜日

第20回『文京を歩く会』秋空のもと大満足!!


秋の気候はままならず、実施日10月27日(土)の前の日の午後から雨が降りだして実施日の午前中まで雨との天気予報にはヒヤヒヤしていましたが、当日は”快晴”でむしろ暑いくらいでした。14名の参加者で、巣鴨「真性寺」からスタート(写真1)、文京区の境界線となる道の西側半分を歩きました。
<写真1:巣鴨「真性寺」にて>
「文京宮下公園」から江戸橋通りに出てすぐに四つ角を右にまわると「東洋女子高校」の脇に出ます。そこから小道をジグザグに南下して「宮坂」を下って「氷川下」へ。そこの千川通りを突っ切って大塚の丘を上り「大塚公園」に出ました。ここで最初の休憩。つぎに新大塚の交差点のところを左に渡ってすぐの左への急坂を下り、大塚六丁目付近をジグザグに歩き「雑司ヶ谷霊園」(豊島区)と「護国寺」の間の広い道に出て、ここから護国寺の墓地へ左に折れて、本堂の前で二回目の休憩を取った後、「惣門」(写真2)、「仁王門」を通って不忍通りに出ました。
<写真2: 護国寺「惣門」の前にて>

そこを右方向に目白台を目指して歩き出し「清戸坂」を上がり始めるとすぐに右手に「清土鬼子母神」が現れそこに寄り、さらに清戸坂を上り詰めるのですが、その時の西日が非常に強く差して汗をかくほどでした。坂を上り切ると「目白通り」に出ますが、そこを突っ切って対面の「富士見坂」を下り途中に左の入る細い階段坂「日無坂」を下るのですが、私はこの角地が大好きな”坂の光景”の一つです。ここで集合写真(写真3)を撮りました。
<写真3: 右が「富士見坂」、左が「日無坂」>

この後、「豊川稲荷」から「肥後細川公園」と「関口芭蕉庵」の2つの庭園をグルリ周って、神田川沿いを「大洗堰」から「江戸川公園」を通って江戸川橋・交差点に出ました。ここで皆さんで「ここから懇親会会場のある飯田橋に直行しよう」という意見に纏まり、午後4時30分無事宴会会場「鳥どり総本家」に到着、いつものように飲むや食べるや喋るやで、楽しい一日が終わりました。今回もおよそ10km強を歩いたようです。皆さん、ご苦労さまでした。

2018年10月26日金曜日

自然は何と美しい!


今年の秋は本当に美しい「紅葉」を磐梯高原で満喫することが出来ました。今年の夏の猛暑そして多発した大型台風の為に紅葉は鮮やかでは無かろうと言われていましたが、秋に入って寒さが急に襲ってきたことが美しい紅葉を持たらさせてくれたそうです。それにしてもラッキーなひと時でした。
毘沙門沼にて
中津川渓谷





2018年10月11日木曜日

第20回【文京を歩くかい】実施日決定


いよいよ今年の【文京を歩くかい】の「秋編」が10月27日(土)に実施されます。文京区の境界線を来春の2回に亘ってグルリ一周致します。今回は巣鴨をスタートに時計逆周りで飯田橋まで歩きます。集合はJR巣鴨駅改札を出た所に13:30です。
行程は、巣鴨駅出発巣鴨大鳥居神社宮下公園宮坂氷川下大塚公園ひょうたん公園護国寺清土鬼子母神日無坂豊川稲荷新江戸川公園関口芭蕉庵大洗堰跡江戸川公園子育地蔵石切橋同人舎跡飯田橋 と歩いて16:30頃より飯田橋で恒例の「親睦飲み会」(予算3500円)となります。是非奮ってご参加ください。
連絡先はメール miyaha@kazum.netへどうぞ。

2018年9月25日火曜日

【祭り】終わる


<神酒所前の賑わい>

年に一度の行事だが、毎年この【祭り】が終わると、「ああ、秋が来たな!」と感じるのです。今年も例年通り充実したスケジュールで【祭り】が執り行われましたが、この二日間、我が小さな町に神輿の担ぎ手の人たちがびっくりするほど集まって来きて賑やかにしてくれるのです。
<宵宮渡御で神酒所前の興奮>

9月22日(土)午後1時から「子供神輿と山車」が町内を巡り、その後広場で子供対象の「縁日」が行われますが、近所から大勢の子供達が集まり、この地区の名物イベントとなっています。今年のテーマは「お化け屋敷」でした。午後5時過ぎに大人による「宵宮渡御」が始まりますが、この神輿の前列に「狐舞」が舞い踊り、その周りを子供たちがクッツイて雰囲気を盛り上げます。町内を巡りこの渡御が夜8時半ころ終了するのですが、この時、神酒所の前が大いに賑わい最高潮に達します。
<壱岐坂太鼓>
23日(日)午前11時過ぎに清和公園から大人神輿が「櫻木神社」へ参拝渡御がスタートしますが、その時に「壱岐坂太鼓」の奉納太鼓の音が近所に響き渡ります。午後2時過ぎに櫻木神社の参拝が終わって神酒所前に神輿が戻ってきますが、このときは、いよいよ”今年最後の担ぎ”と言うことで、皆さん興奮の絶頂に達し、私も誘われるままに神輿を担がせてもらいましたが、本当に気分をスッキリさせてもらいました。

<神酒所前 最後の担ぎ締め>