2019年2月15日金曜日

「お金」より「信用」か?


先日のNHK番組「クローズアップ現代+」で巨大企業がビッグデータをベースに人を格付けする社会が到来しつつある、という恐ろしき現象を特集していた。特にこの特集の中で驚かされたのは、中国で流行っている「ゴマ信用」という格付けシステムである。これは中国のEコマース企業でAmazonに並ぶ大企業「アリババ」がネット上で提供している「信用度」の格付けサービスである。
<2004年講演時のパワーポイント>
実は私は2004年頃から講演を受けるたびに【21世紀は”こころ”の時代】をテーマに話をし、その中で「これからは中央集権型社会から権限分散型社会に変わって行くので、”人・もの・金”重視の時代から”信用・信頼”重視の社会が到来すると主張して来た。2010年頃には文科省からの「緊急人材育成支援事業」としてハローワークでも無料の「人材育成プログラム」が施行され、そのプロジェクトの中での講演の際にも、「まずは自分の得意なもの探し出し、それを仕事に結びつけ、その上で人との信用度UPに努力せよ」と話をしていた事が思い出される。
<2010年ハローワーク・パソコン講座にて>
「信用の格付け」に就いては、すでに日本でも、例えば、みずほ/ソフトバンクが50/50で出資している(株)J.Scoreなどの格付けサービスが有るが、このサービスが中国で流行し始めた事が恐ろしい。中国は一党独裁の国だけに、一般市民が「金持ち」になる道は是迄はほとんど閉ざされているのだが、この「芝麻(ゴマ)信用」サービスを一般市民が利用して、信用度を上げる事によってお金持ちになれるし、愛も手に入れる道が開けることになれば、一体これから中国はどんな国になってしまうのだろうか。中国政府の舵取りが注目だ。

2019年2月2日土曜日

イギリス人女性の日本僻地一人旅


2月にある集まりで小生が「一人旅の魅力」をテーマに講演する機会を頂いた。現在その準備でパワーポイント制作に取り組んでいるが、「一人旅」ですごい人を見つけた。それも時代は明治時代初期(明治11年)、それも女性で、日本の奥地を一人旅したのだ。横浜を5月20日にスタートして、春日部~日光~新潟~楯岡(山形県)~新庄~秋田~大館~青森、そこから船で北海道に渡って、函館~森から船で室蘭へ、そこから海岸沿いに白老~苫小牧~平取まで行って”アイヌ人の生活”を観察し、復路は室蘭まで戻り今度は陸地に沿って、伊達~長万部~森〜函館まで戻って、そこから船で一挙に横浜まで戻って来るのだが、横浜到着が9月17日と言うからおよそ4ヶ月で僻地行脚を成し遂げた強靭な女性で、その名を「イザベラ・ルーシー・バード(47歳)」という。この旅に一人だけ通訳・案内人としてずば抜けた英語力のある「イトウ」が同行している。彼女は旅の道中、妹に手紙を44信送っているが、この内容を纏めて2年後に『日本奥地紀行』としてイギリスで発刊している。
彼女は体が弱かったので「転地療養」が一番と海外旅行を始めるが「種の起源」のダーウィンに「日本行き」を進められ、彼女は”最も安全で美しい国”が「日本」と信じて旅立ったという。しかし6月からの日本は梅雨の時期で、それはそれは田舎道で泥と塗れ、滑っては転び、そして蚤としらみとの悪戦苦闘の旅であったが、彼女の文化比較の目は鋭くノンフィクション作家として抜群でビックリ仰天である。民族学者の宮本常一も彼女の本を読んで講義を行っており、それが「イザベラ・バードの旅」として講談社から発刊されているが、これまた彼らしく日本文化との比較で読んで大変に面白い。是非「ひとり旅」にご興味有る方にはお薦め本として次の3冊を紹介します。
①『日本奥地紀行』イザベラ・バード著、高梨健吉訳 平凡社ライブラリー
②『イザベラ・バード「日本奥地紀行」を歩く』金沢正脩著 JTBパブリッシング
③『イザベラ・バードの旅』 宮本常一著 講談社学術文庫

2019年1月26日土曜日

大相撲1月場所 ”座布団を浴びた!”


昨日(1/25)大相撲13日目を両国国技館で観戦する機会を得た。11日、12日目で横綱・白鵬が連敗しただけに、この日の相撲は一段と盛り上がりを高めていた。私が「大相撲」に関してブログに書いたのは2016年1月12日で「日本人力士が何とか優勝して欲しい。それにはまずは横綱・白鵬を倒さねばならない」と指摘したが、何とその1月場所で大関「琴奨菊」が優勝してしまうのだ。”日本人の優勝”は2006年の大関「栃東」以来の10年ぶりだ。
そして2017年1月23日のブログでは「大関・稀勢の里が白鵬を倒して優勝し横綱に」の件を書き、この場所で琴奨菊が大関を陥落してしまう皮肉を書いた。”日本人の横綱”は1998年の「若乃花」以来の18年目の実現だった。しかしその稀勢の里がこの1月場所中に「引退」を宣言して土俵から去ってしまう。そして大関陣がボロボロと負けて不運なスタートとなる一方で好調にスタートした小結・御嶽海も膝を痛めて7日目から休場となってしまう。しかし御嶽海が11日目に再出場して来て白鵬を倒す殊勲勝で今場所を大変に面白い状況にさせた13日目に国技館に行けた事に感謝したい。
この日の「結びの一番」は、昨年九州場所で優勝した貴景勝と白鵬戦で何と貴景勝が勝ってしまう。その時沢山の座布団が私の頭を叩く。
<貴景勝が白鵬を「突き落とし」て勝つ>
今このブログを書いているときにNHKニュースで「白鵬、本日より休場」と伝えていた。「平成としての最後の1月場所」は本当に何が起こってもおかしく無いほど面白い。一度休場した力士「御嶽海」が相撲三賞(殊勲賞、技能賞、敢闘賞)のどれかを取るかも知れないが、取れば相撲歴史上初めただそうだ。そしてもしかすると関脇・貴景勝が連続優勝してしまうのだろうか? 面白い!面白い!
<白鵬敗れる 頭に手を添え座布団を避けている>

2019年1月14日月曜日

「酒街道」講演と「きき酒」


1月12日、セールス・フォース・マネジメント研究会の新年会が「東京夢の島マリーナ」にて開催され、私の「酒街道」ひとりサイクリングに関する講演の機会を頂いた。講演の後、酒街道を回ってこれぞと思う日本酒5種の「きき酒」と研究会の会員で寿司職人による江戸前鮨を楽しむという、真に贅沢な企画であった。
寿司が次から次へと最高のネタを使って目の前で握ってもらってお口一杯に頬張るのだが、皆さん「うまい!うまい!」の連続だ。そしてそれと同時に5種の日本酒をグイグイとやると言う、たまらない雰囲気でのテイスティング。それぞれ好みが有って、皆さんの酒談義が面白い。皆さんから「きき酒アンケート」を書いて頂いたが、香りを感じたトップは「角星酒造・水鳥記【特別純米】」(気仙沼)、
好きな香りだったトップは「竹の露酒造・白露垂珠【純米吟醸】」(鶴岡市猪俣)、最も甘かったのは「水鳥記」、最も辛いのは「金の井酒造・綿屋【特別純米】」(栗原市一迫)、一番美味しいと感じたお酒のトップは「白露垂珠」、そして最も平均的な評価だったのが「男山酒造・男山【特別純米】」(気仙沼)という結果でした。やっぱり人気が高いのはフルーティな「吟醸酒」なのだろうか?
ところが最後に残った量で比べると、何と一番飲まれたお酒は「出羽の雪酒造・ひやおろし【大吟醸】」(鶴岡市大山)だったのでした(5本の写真の一番奥)。「ひやおろし」はじっくりと醸成された秋酒で、日本酒が大好きな御じんには飲めば飲むほど味わいを感じるのか? とにかく今回の5本中、消費量はずば抜けて一番でした。
宴会が終わって外に出ると、細かい雪がパラパラと舞っていました。

2019年1月1日火曜日

おめでとうございます

2019年 元旦。 
皆さん、新年明けましておめでとうございます。
私は近所の沢蔵司稲荷にて『越年・新年大護摩祈寿』に参加して108つの太鼓音を聞きながら,年間の邪念を振り払い、新しい気持ちで新年を迎えました。そしてちょっと寒い夜道を我が家に向かいながら、静かな元旦を迎えられたことが大いなる喜びです。今年も平穏であたりまえの一年でありますように。


2018年12月31日月曜日

今年よ、さ・よ・う・な・ら


年末大護摩法要で『虎災愛命偽変新 絆金輪安金北災』「こさい・あいめい・ぎへんしん、はんきん・りんあん・きんほくさい~~」と「摩訶不思議心教」が聞こえてきたように感じた。これはウソ。 
今年も遂に最後の日が来た。別にだからどうと言う事でもない。せいぜいカレンダーが新調される位だろうか。それにしても今年は「酷い年」だった。上述の摩訶不思議心教の漢字の羅列は「年の漢字」で阪神タイガースが星野仙一監督の2年目にして18年ぶり8度目の優勝した年2003年の「虎」から今年2018年の漢字「災」までを単に繋げたものだが何となく漢字が並ぶと「お経」ッポイ。確かに今年は天災、人災だらけの1年だったが、自然相手の災害「天災」は「覚悟」せねばならないが、「人災」だけは、何とか人間の知恵で「再発」を塞ぐ必要がある。しかし今年の大人がやってきた人災は、余りにも論理的思考の喪失が原因なだけに、そう簡単に再発を防げそうも無さそう。やれ原発問題、沖縄問題、大メーカーのデータ捏造問題、ゴーン問題、トランプ問題、EU問題、各種ハラスメント問題、などなど。とすれば諺『災い転じて福となす』なんて実現しそうもないので、「今年の漢字」を「災」ではなく私なら「虚」としたい。訓読みで「むなしい」だが、口を付けて「嘘(ウソ)だらけ」の年だったからだ。これは残念ながら来年も続く。「来年2019年の漢字」は「人々が話す内容すら完全に狂って来る」ので「誑」(たぶらかす)がピタリであること間違いなし。
正月休みに読んでみたらのお薦め本として、長谷川忠雄著「落葉して根に帰る」(海鳥社 1800円+税)でも読みながら、人間とはこんな生き方も有ったのだと思うのも2019年対策の一つになるかも知れない。それでは皆さん、良いお年を。

2018年12月17日月曜日

忘年会【日本芸能】を楽しんだ!


今年は「忘年会」の回数が少なくて済んだ。例年は8~10回ほどあるのだが、今年は5回で済んだのだ。
その中で印象に残っている忘年会は、”木津かおり”さんのライブ「民謡仕立ての忘年会」でパーカッションの”岡部洋一”さん、そしてバイオリンの”大田恵資”さんとのコラボが素晴らしかった。そして、かおりさんが歌うおめでたい民謡の歌いまくりで大いにノリノリにされたのだ。
その翌日は恒例の「江戸連」の忘年会で”花伝亭長太楼”さんの落語で笑いまくることが出来て、今年も無事に楽しく年を忘れる事が出来たようだ。【日本芸能】にバンザイ!!