2018年5月26日土曜日

第19回「文京を歩くかい」無事に終了


5月19日(土)、「旧石神井川に沿って坂道を歩こう」をテーマに19回目の「文京を歩くかい」が開催されました。参加総数は18名(男子:14、女子:4)で快晴の中、JR駒込駅より出発、「江戸連」の”坂博士”の松本崇男氏にガイドをお願いし坂名の謂れや名所旧跡のお話を聞きながらのウォーキングでした。ところで本郷台になぜ石神井川が流れているのかに就いては下の図をご覧ください。

江戸幕府が開城するころ石神井川は王子のところから本郷台地と上野台地の間を南下し、一旦不忍池に流れ込み、そしてそこから神田付近を通過して東京湾に流れ出ていたのです。江戸時代にはこの川の王子から不忍池の間を谷田川、藍染川と呼んでいたそうで、今は暗渠になっています。
<団子坂にて>
今回はその本郷台地側の坂道を登っては降りを繰り返して巡って来たわけです。神明坂→稲荷坂→動坂→むじな坂→きつね坂→たぬき坂→大給(おぎゅう)坂→団子坂→根津裏門坂→権現坂→幽霊坂→異人坂→弥生坂→くらやみ坂→切通坂→天神女坂→芥坂→妻恋坂→清水坂→昌平坂 と沢山の坂を登っては降りてのハードなコースにもか関わらず皆さん元気に歩いておられました。
<幽霊坂(根津おばけ階段)>
また道中には富士神社、須藤公園、根津神社、湯島天神、そして神田明神と由緒ある名所を周り大変に充実した行程で皆さん喜んでおられました。3時間半の歩きでしたが皆さん疲れた様子も見せずに、そのまますんなりと好例の第2幕「打ち上げ懇親会」に突入し、いつものように大いに盛り上がり「飲み放題3時間コース」を完璧にこなしました。皆様、本当に御苦労さまでした。

2018年5月16日水曜日

技術国の日本はこれで良いのか?


5月のある日の新聞に2つの記事が並んでいた。一つは「三菱航空機 資本増強へ」、そしてもう一つが「新型アイボも”ワン”ダフル」と言うもの。この2つの記事を読んで日本人として大いに不安と不満を抱いたのです。
三菱航空機の親会社「三菱重工」が資本増資で三菱航空機を支援する話だが、このプロジェクトは【日の丸ジェット】として2003年に立ち上げ経産省が巨額の補助金/融資で支援してきたが、やっと2008年(今から10年前に)実用機の開発に入ることができたが、しかし2013年の初号機の納入が出来ず、その後度重なる設計変更で5度も納期変更し、現時点では2年後の2020年に初納入の計画だ。(これもどうなるか全く見えない)当初予定の開発費2000億円に対して今では5000億円に膨らんでいる。競合のエンブラエル(ブラジル)やボンバルディア(カナダ)よりは早く市場に出せる優位点が今では消え欠けている。これまで447機の受注も納期遅れでキャンセルが続出で、こんな会社に更に増資して日本のためになるのか大いに疑問。三菱重工は、防衛・航空・宇宙・原子力の事業体で成り立っている「国策産業」だが、子供達に夢を与える企業として生き残れるのだろうか?
次に犬型ロボット「アイボ」に就いてだが、なんとソニーが1999年から生産開始し、旧製品が2006年までで15万台売れ、予期せぬ台数が売れたので新型アイボも多くの人から購入希望があると判断し、年初に本体を213,840円、新型はAIを使って独自の成長を楽しむソフトが3年分で97,200円で売り出したところ、4月中旬で11,111台の販売実績。
人間さまがロボットの成長を楽しむような時代にしていいのだろうか? 「生きている」という実感を大事にすることが人として大切な事だと思うのだが、ソニーよ! 売れれば、そしてルールを守っていれば何を生産しても良いという判断でいいのか! もっと21世紀のメーカーとして倫理的に考慮した製品作りに注力して欲しいと思うのだが。

2018年5月2日水曜日

浅草・流鏑馬(やぶさめ)を楽しむ


4月21日(土)浅草の隅田川土手(隅田公園)にて開催された「第36回 浅草流鏑馬」を観る機会を得ました。「流鏑馬」の語源は、馬を馳せられながら矢を放つという意味から「やばせむま」と言われていたものが「やぶさめ」となった由。そもそも平安時代の「馬的射」(むまゆみいさせ)が始まりと言われ、鎌倉時代に鶴岡八幡宮にて「武家の流鏑馬」として盛んに行われるようになりましたが、鎌倉幕府の凋落とともに衰退し、江戸時代 8代将軍吉宗が世嗣ぎの疱瘡平癒祈願として「流鏑馬」の奉納を始めて約400年ぶりに流鏑馬が復活した由。その後江戸時代後期に「浅草神社」の正月の行事として行われていた由だが、その後は途絶えていたが昭和30年頃に上野不忍池畔で小笠原流流鏑馬が執行されたことより、その後台東区がそれを引き継ぎ「浅草流鏑馬」として現在に至っているとの事。
当日は夏日のように暑く、第2の的の近場の特等席で日陰になる所を選び、そこから迫力ある的射ちを眺めることが出来、あっという間の出来事ですが、その瞬間を動画で御覧ください。


2018年4月18日水曜日

腹立たしく不快な日


私がブログを連チャン(二日続けで掲載したという意味)したのは初めてである。昨日「幸せな春のひと時」なんていうブログを書いてしまった為、今日「そんな甘っちょろいことに浸っているな!」という反省の気持ちにさせてブログに走った。現在丁度日本のTOPがアメリカのお友達に会いに行っているが、”本当の仕事”をして来るのだろうか。そこでこの月曜(4/16)に東京新聞に掲載されていた一枚の写真をここに転写する。

何とあの「オスプレイ」が東京の郊外、福生市の保育園の上空を勝手に飛んでいる写真だ。我々は沖縄・普天間基地移設の問題をどんだけ長い間議論して来たのであろうか。その理由は普天間基地の側に住む住人の安全確保の為で有ったのではないのか。オスプレイはあちこちで事故を引き起こし安全性に欠けるのではと議論されている最中にだ。アメリカ政府が「オスプレイは安全」と言い切るなら、まずは”世界最強の米陸軍”で採用すべきだし、”政府専用機”としても採用すべきなのに、危険と判断しているのだろうか?採用していない。米国政府から武器を購入する際のFMS(対外有償軍事援助)という”不公平条件”で固まった方式を日本政府はいとも簡単にアクセプトし2015年5機、16年度4機をすでに発注済みで、そして全17機の購入計画がある(当時で約3600億円)。日本になぜそんなに急いで安全性に不安な軍機が必要なのであろうか。イスラエルがオスプレイ購入を断念したというので、現時点で米国以外で本格導入するのは「日本」だけと言う。
またまた過去の苦い経験、米国のいう通りに従って採用した「原子力発電」の”二の舞”のプロセスを踏むのだろうか。AチャンもT君の所に行ったらニヤニヤ話をするのではなく真剣な眼差しで、「オスプレイを大統領の専用機として採用してくれ。さも無いとこれまでの日本からのオスプレイ購入契約も一旦破棄したい」とぐらい言って欲しいところだ。
もうアングロサクソン系のグループから出てくる話には”誤魔化せられないように”十分に注意して対応をして欲しい。

2018年4月17日火曜日

幸せな春のひと時


このところ地球上の気候が非常に不安定らしく、3月末ころ異常な暑さが続きあっという間に桜を満開にさせてしまった。桜が散ってしまうと、今度は冬の到来かと思わせるような寒さが続いた。米国の方では北極寒気団が垂れ下がっているらしく、カンサスシティーの方でも零下1度で球場のベンチにはツララが出来ていて大谷投手の試合も中止となっている。寒波で野球が中止になるとは、私に取ってはこれまでで人生初めての出来事のように思うのだが。
そんな天候不安定な4月のある日、ゴルフには最適な長閑で暖かな最高のコンディションで富士山に近いゴルフ・コースでエンジョイすることができた。しかし、ゴルフのスコアは思い通りにはならなかったがーーー。

2018年4月9日月曜日

やはり音楽は ”CHILL OUT ”ね!



ほっとして休息を取っている時、どんな音楽を聴いていますか?
私はほとんどChill Out(チルアウト)の曲をiTunesやYoutubeから聴いています。Chill out とは若者が使うスラングの一つだそうで、「冷静に!」とか「頭を冷やせ!」と言った意味になるそうです。例えば、You want to chill out tonight? とは「今夜、ゆっくりお話でもしない?」また  I’m just chilling out. は「ぼーっとしているだけ」と言った意味合いだそうです。さてこの種の音楽のジャンルはどこで生まれたかと言うと、地中海にある小島「イビザ(Ibiza)島」の中のサンアントニオ町の中にある喫茶店「サンセット・カフェ」がメッカだそうです。一晩中クラブで踊って疲れた人達がリラックス・クールダウンする為にカフェで聴いている音楽で、カテゴリーは所謂「環境音楽」(Ambient Music, Enviornmental Music)に属し風や雨や雷、滝、など自然の音を音楽で表現する創作曲の部類です。私が4年ほど前に凝っていたのが Cafe Del Mar で、最も好きな曲が“Genesis”でした。
Cafe der Mar の去年版を聴いてみてください。


現在では ”Cafe Ibiza” の Dj Maretimo による Islands of Chill を聴いております。

https://www.youtube.com/watch?v=_ZNjzbvr3do&ab_channel=DJMaretimo-LoungeMusicMixes

眠くなっちゃいましたか? もしそうであれば、これこそ本当の癒しの音楽でしょうか。

2018年3月21日水曜日

日本の最先端とは?


さてさて日本の最先端はどこでしょうか? それは本州の最もの東の先端である千葉県の「館山」だそうです。NPO法人「安房文化遺産フォーラム」が発刊している小冊子上に載っていた下の地図をご覧ください。
<小冊子「館山まるごと博物館」より>

3月17日あるグループの企画【江戸と安房・房州・海上交通の文化を訪ねる】に参加して参りました。日帰りで房総半島の先端まで行けるのも「東京アクアライン」を使って東京湾を突っ切る事が出来るよになったからです。今回のバス旅行で、さすが最先端だけに歴史的そして文化的にも随分と深いことを学びました。縄文時代からこの地に人が住んでいましたが、四国の阿波・忌部氏(いんべうじ)の代表「天富命(アメノトミノミコト)」がリーダーとなり阿波から船で麻の栽培地を求めて布良(めら)の浜に上陸したという。この地を「総(ふさ)の国」と呼び、そして「安房国」を「あわのくに」と名付けたという。
ここからは海の真正面に「富士山」が眺められ「信仰の聖地」でもあったという。今回確かに「布良崎神社」から海を望むと鳥居の上遥か彼方にくっきりと富士山が見えました。15世紀から170年間この地は戦国大名「里見」氏が治めていたという。19世紀になって曲亭馬琴が里見氏をモデルに「南総里見八犬伝」を書いています。明治時代には布良は「マグロ延縄漁業」が盛んに行われ、この技法が現在では青森県・大間のマグロ捕りに生かされているそうです。そして20世紀になると、この辺一帯は穏やかな気候を利用して「転地療養地」としても有名となり、画家「青木繁」をはじめとして多くの画家たちが館山を訪れ沢山の作品を残しているという。さすが日本の最先端の地と言えましょう。